アンリ・マティスの切り紙絵の展覧会「マティス 自由なフォルム」展が開催

パブロ・ピカソ、マルセル・デュシャンと共に20世紀美術史の巨匠と呼ばれるアンリ・マティスの展覧会「マティス 自由なフォルム」展が東京・国立新美術館で2021年9月15日(水)からスタートする。

大胆な色彩表現が特徴であるフォーヴィスム=野獣派の中心人物として、20世紀初頭、パリで頭角を現したマティス。彼が後半生を過ごすこととなるニースでは、アトリエでさまざまなモデルやオブジェを精力的に描く一方で、色が塗られた紙をはさみで切り取りそれを紙に貼り付ける技法「切り紙絵」に取り組んだ。

同展ではフランスのニース市にあるマティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵に焦点を当てながら、絵画、彫刻、素描、版画、テキスタイルなどの作品やマティス旧蔵のオブジェなどを紹介する。

なかでも、同館が所蔵する切り紙絵の大作「花と果実」は、同展のためにフランスでの修復を経て日本初公開される作品だ。さらに、マティスが最晩年にその建設に取り組んだ、芸術家人生の集大成とも言えるヴァンスのロザリオ礼拝堂にも着目し、建築から室内装飾、祭服に至るまで、マティスの至高の芸術を公開する。

マティスの切り紙絵を、日本でまとめて見ることが出来るのは極めて稀な機会。20世紀を代表する芸術家の記念碑的な表現方法を体感しに、足を運んでみてはいかがだろうか。

 


「マティス 自由なフォルム」

会場:国立新美術館 企画展示室 2E

会期:2021年9月15日(水)〜12月13日(月)

休館日:火曜定休

住所:〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22−2

時間:10:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで

Webサイト:https://www.nact.jp/exhibition_special/2021/matisse2021


関連記事