第224回ザ・チョイス 審査のお知らせ(角張渉さんの審査)

ザ・チョイスは、本誌が主催する誌上コンペです。

毎号異なる1人の審査員が、応募作品のなかから優秀作品をチョイスします。年4回の全入選作品は年度賞のノミネート作品となり、年度賞の審査は4人の審査員が一堂に会して投票制で行なわれます。数多くのイラストレーターがザ・チョイスから巣立っています。

 

審査員:角張渉(カクバリズム代表)

プロフィール:1978年仙台市生まれ。インディペンデントレーベル「KAKUBARHYTHM」代表。YOUR SONG IS GOOD、cero、SAKEROCK、VIDEOTAPEMUSIC、キセル、二階堂和美、片想い、mei ehara、思い出野郎Aチーム、在日ファンクなど多数の個性豊かなアーティストが所属している。ジャケット、グッズなどイラストレーターとの仕事も多い。

審査員からひと言:自分がこれまで生活の中だったり、仕事の中だったりでさまざまな素敵なイラストレーションと出会ってきたように、お互いフラットで楽な気持ちで、みなさまと出会えたりしたらすごくうれしいと思ってます!楽しみです!

 

締切日:搬送締切日:2022年8月19日(金)必着/直接搬入日:2022年8月22日(月)10時~14(14時以降は受付出来ませんのでご注意ください)

ご応募お待ちしています。郵送応募のサイズ規定をB3以内からB2以内に変更しました。直接・郵送共にサイズはB2以内です。詳細は誌面にてご確認下さい。
*コロナウイルス感染症拡大防止のため、なるべく「郵送」でのご応募にご協力お願い致します。

2022年度審査員:今日マチ子(漫画家)、漆原悠一(グラフィックデザイナー)、角張渉(カクバリズム代表)、脇田あすか(アートディレクター・グラフィックデザイナー)。

応募には、本誌綴じこみの応募票が必要になります。 付随しているアンケートへの記入も必須です。

 

【応募要項】